ろじをの生き方さんぽ

精神疾患から蘇ったので元気をおすそ分け

恋愛奥手男子の生態が見える【建築学概論】

f:id:Rozio:20190425231730j:image

最近韓国の魅力を

少し理解してきていたつもりだったけど

昨日の晩

それは確信的なものになりました。

 

韓国映画を観ました。

建築学概論】という映画です。

 

ざっとあらすじを話すと

 

建築家のスンミンという男性のもとに

ソヨンという女性が仕事の依頼で訪れます。

 

彼女は15年前

同じ大学に通っていた

スンミンの初恋の相手でした。

 

ソヨンの依頼を受け

新しい家を建てていく現在の2人ストーリーと

大学時代の2人の思い出のストーリーが

同時進行で流れていく映画です。

 

注目して欲しいのが

大学時代のスンミンの奥手っぷりです。

 

f:id:Rozio:20190425213614j:image

(大学時代のスンミン。途中からジャルジャルの後藤にしか見えなくなってしまった。)

 

彼は大学で出会ったソヨンと

いつしか行動を共にするようになり

どんどん惹かれていきます。

f:id:Rozio:20190425214010j:image

(大学時代のソヨン。スジが演じてます。)

 

ソヨンの行動や言動に

一喜一憂するスンミン。

 

そのスンミンの姿に

恋愛奥手男子は絶対に共感するに違いない!

 

女性特有のあの雰囲気

ありゃなんだ?

 

視線にしても

言葉にしても

 

そのひとつひとつが

僕という人間を試してきてる様で

ハラハラドキドキ。

 

もうずっと大喜利状態。

 

言葉が良くても

タイミングを外すせば意味がない。

 

"くそ、もっと気の利いたセリフあったな"

 

"あの時のあの表情は何を意味するんだ?"

 

にも関わらず

どこか飄々とした雰囲気。

 

わ、わからん。。

 

オンナは何を考えているのだ。。

 

 

 

失礼。

 

少し脱線しましたね。

 

僕はすぐに感情移入してしまうタチなので。。

 

映画の中で

眠ってしまったソヨンが

スンミンの肩にもたれかかるシーンがあります。

f:id:Rozio:20190425222313p:image

 

"Is this the real life?
これは現在?
Is this just fantasy?

それとも幻想なのか?"

 

ボヘミアンラプソディ状態の出来上がり。

 

こんな自分に

あの子がもたれかかってきた

現実なわけない。。

 

でも肩に感じる温もりは嘘じゃない。

 

その温もりに戸惑うだけの

ジャルジャル後藤。

 

もう逃げ出してしまいたい気持ちと

 

ずっとこのままでいたい気持ち。

 

 

 

おい女子ども。

これはかなり効くぞ。

f:id:Rozio:20190425223405p:image

 

しかし

好きでもない男にやるのは

ご遠慮願いたい。

 

地獄だ。

 

あと脈のない男性に仕掛けるのも

やめた方がいい。

 

きっと嫌われる。

f:id:Rozio:20190425224928j:image

 

 

しかし結局

2人は結ばれることなく大人になります。

 

そして大人になっての再開。

 

大人のソヨン美し過ぎる。

f:id:Rozio:20190425230241j:image

 

大人のスンミン

奥手男子だったのが嘘の様に

無神経になってる。。

f:id:Rozio:20190425230546j:image

 

このスンミンのギャップには

少し違和感を感じましたが

 

韓国映画にはよくあるという

あり得ない展開はなく

自然な流れで僕は大好きな映画です。

 

懐かしい恋の感覚を思い出したい方に

ぜひおススメしたい映画です!

 

韓国映画

侮れんぞ。

 

ろじを