ろじをの生き方さんぽ

精神疾患から蘇ったので元気をおすそ分け

人生万事塞翁が馬

 

皆さま

「人生万事塞翁が馬」

という言葉を知っているでしょうか?

 

これは諺(ことわざ)なのですが

紀元前の中国から渡ってきた

ある老人のエピソードが元になっております。

 

その老人の名を「塞翁(さいおう)」といいます。

 

 

この「塞翁」さんの持っていた一頭の馬が、ある日、国境を越えて隣国に逃げてしまいました。

気の毒に思った友人たちが塞翁をなぐさめに行きましたが、塞翁は平然と「馬が逃げただけだ。大したことない。これは幸福の前兆かもしれない。」と言うだけでした。

 

数日後、塞翁の馬は隣国の立派な馬を連れて、塞翁の元に戻ってきました。

 

それを見た友人たちがお祝いを述べると、塞翁は「いちいち騒ぎ立てるな。もしかすると、これは不幸の兆しかも知れない」とまたもや平然と言いました。

 

その後、連れ帰った馬に乗っていた塞翁の息子が落馬し、それが原因で脚が不自由になってしまいます。

息子の不幸を見舞った友人たちに、塞翁は

「ひとつひとつ評価をするな。これが幸福につながるかも知れない。」と一向に動じませんでした。

 

その後、隣国との戦争で若者が次々と戦死していきましたが、足が不自由な塞翁の息子は、戦争に行けず、おかげで命拾いしました。

 

このように人生は

"何がいいことで、何が悪いことなのか

最後までわからない"

"幸福や不幸は予想しようがない"

という教訓を表すエピソードです。

 

僕の経験からも納得できます。

 

うつなどの病気を経験した当時

僕はもう生きていく気力はありませんでした。

 

とりあえずバイトでもして

3年生きてみて

どうしようもなかったら

死んでしまおう

本気でそう思っていました。

 

しかしこの期間中

かけがえのない様々な人と出会い

いろんな形の人の優しさに触れることができました。

 

この先

僕の人生がどう転ぶかは分かりません。

 

でもこの期間中の出会いと優しさは一生の宝物だと思っています。

 

僕にとって

思ってもない出来事でした。

 

それが今の僕のエネルギーとなっています。

 

今死にたいと思っている人。

 

死ぬ前に一度

外の世界に触れましょう。

 

大きなことでなくてもいいのです。

 

今まで触れたことのないジャンルの本や映画、音楽に触れてみたり、今まで敬遠してた海外旅行へ飛び出すのもいい。

 

とにかく情報を入れて、別の環境へ飛び込んでみる。

 

それがどう転ぶかまではわかりませんが、何かが起こります。

 

そんないろんなポテンシャルを秘めたこの世界に、僕はずっとワクワクしております。

 

f:id:Rozio:20190530233838j:image

 

ろじを