ストレスケアカウンセラー学生の頭の中

読書

人の「生」と「死」を分けるもの 【夜と霧】

フランクルの書いた「夜と霧」を少し読んだ。 彼は精神科医でユダヤ人。 ナチスによる迫害を受け、収容所に収監される。 この本は彼が収容所で目の当たりにした人間の姿が記されている。 1.極限状態での人間の精神の変化 2.「未来に希望を持つこと」が生…

"普通は"だなんて言わないで

”普通”ってなんなんでしょうね。