ろじをの生き方さんぽ

精神疾患から蘇ったので元気をおすそ分け

人の「生」と「死」を分けるもの 【夜と霧】

f:id:Rozio:20200916225020j:image

フランクルの書いた「夜と霧」を少し読んだ。

彼は精神科医でユダヤ人。

ナチスによる迫害を受け、収容所に収監される。

 

この本は彼が収容所で目の当たりにした人間の姿が記されている。

 

 

1.極限状態での人間の精神の変化

人間というのはいざとなると想像以上の適応能力を発揮する。

フランクルたちは寒い冬に寝具がなくても風邪をひかず、糞尿や汚物に汚れた場所でも平気で眠ることができたという。

 

なかでも注目すべきは精神の変化であった。

多くの人が何を見ても、何に触れても何も感じない

「無感動」「無感覚」「無関心」状態になったというのだ。

 

収容所でのあまりにも悲惨で受け入れがたい状況を生き抜いていくため、いちいち驚かない、嘆かない、悲しまないという防衛策を人々は身につけていった。

 

フランクル自身も例外ではなかったようだ。

食事の時間になり、彼はスープを必死に食べていた。

ふと窓の外に目をやると、死体が運ばれていくのが見えた。

その死体は彼が二時間前に話しをしていた仲間であった。

それでも彼は平然とスープを飲み続けた。

 

この反応に、フランクル自身驚いている。

もし自分が精神科医でなく、そうした状態への強い関心がなかったら、自分がそんな無感覚になっているということすら気づかず終わっただろうと言っている。

これが、強制収容所の現実なのである。

 

2.「未来に希望を持つこと」が生きる力になる

 

あまりに悲惨な強制収容所の状況に絶望し、高電圧の鉄条網に飛び込み、自ら命を断つ人がいた。

その一方でなんとかしのいで生きて帰ってこられた人もいた。

 

人々の「生」と「死」を分けたものはなんだったのだろう。

その一つに「未来に対して希望を持っていたかどうか」であったとフランクは言う。

 

そのことを表す2つのエピソードがある。

有名な作曲家兼脚本家がフランクルにそっと打ち明けました。

彼は1945年2月のある夜に、きたる3月30日に戦争が終わり、自分たちも解放される夢を見たというのです。それ以来、彼にとって3月30日が希望の光となりました。

が、その日が近づいても戦況が好転する様子はありません。どうやら「正夢でなかったらしい」という気配が濃厚になってきました。すると、彼は3月29日に突然高熱を発して発疹チフスを発病し、翌日ひどいせん妄状態に陥って意識を失いました。彼にとって苦悩が終わるはずだった3月30日の翌日に彼は亡くなりました。 

 

 

1944年の12月、クリスマスから新年にかけての期間に、収容所内にそれまでなかった数の死者が出ました。

理由は過酷な労働でも、飢餓でも、伝染病でもありません。

「クリスマスには休暇が出て家に帰ることができる」という素朴な思い込みが数か月前から被収容者たちを期待させ、その期待が見事に裏切られたときに、多くの死者が出たのです。

クリスマスに何も起きなかったことで、多くの被収容者は落胆し、力尽きて倒れていったのです。

 

 

「未来への希望を持つ」ということが、いかに人々の精神的支えになっているか、そのことをよく表しているエピソードである。

 

フランクルはというと、大きな希望を持っていた。

収容所に収監される前に書きかけていた著作の原稿があったのだが、その原稿は収監される際に奪われてしまった。

しかし彼は収容所で原稿を復元していた。

 自分の出す本は苦難と闘っている人々の役に立つ、そのために何としても本を仕上げなければいけないという使命感を持って書き続けていたのだ。

 

強制収容所という同じ状況下にあっても、ある人は死に向かい、ある人は生に向かった。

自分の未来に希望を抱くことができるか否か、そこに、人々を生と死に分けるものがあった。

 

3.まとめ

 

日本は今間違いなく平和であるはずだが自殺者が多い。

これは「生きていてもしょーがない、意味がない」という、未来へ希望が持てていない人が多いからなのではないか。

 

20代の頃の僕は、うつに悩まされ、生きている意味を考えては途方に暮れていた。

今は「ストレスケアカウンセラーとなり、日本人のストレス軽減に貢献したい」という目標を持って生きている。

 

うつから回復したのも、目標を持てたことが大きいな要因であった。

 

目標をもつことは確実に人をイキイキとさせる。

毎日が色づいていく。

 

おっぱい

f:id:Rozio:20200828233629j:image

男はおっぱいが好きだ。

 

おしり派かおっぱい派か、なんていう血で血を洗うような議論も幾度となく繰り返されてはいるが

(パッと見、下の絵がおっぱいに見えるか、おしりに見えるかであなたの派閥が分かるといわれている。知らんけど)

 

f:id:Rozio:20200828233705p:image

基本的に「おれおっぱい無関心なんだよねぇ」なんていう男子はいないと断言できる。

(もしいるのなら、そいつはきっと悟りの境地に達した何かしらの宗教の教祖である)

 

でもなぜおっぱいは魅力的なのか。

 

諸説あるが、イギリスの動物学者デズモンド・モリスの説が有力らしい。

『サルから人間に進化し、二足歩行が始まった際に、これまで赤くなることで発情サインを出してきたおしりよりも、さらに目立つ場所に性的アピールを示す器官が必要だった』

 

なんじゃい結局男子皆おしり好き説あるぞ。

おしりから始まってるじゃねーか。

 

とにかく、おっぱいが魅力的なのは動かぬ事実である。

 

しかしここで新たな問題が生まれる。

『男子結局巨乳好き』という問題である。

これはよく女性から浴びせられる文言である。

 

まず答えから言わせてもらうと

否!

 

高校生の頃、いきなりモノボケを求められ、とっさにそこにあった道具で「おっぱい!」と叫び、すべり倒したあげく数か月『おっぱい星人』という不名誉なあだ名をいただいたことがあった。

まぁ僕の力不足なのは認めるが、嫌だったのはその『おっぱい星人』という言葉に含まれた意味だ。

 

『おっぱい星人』

大きいバストが好きな男性

 

ここではっきりさせたいが、僕は巨乳好きではない。

どんなサイズの女性もこよなく愛する

『おっぱい紳士』である。

 

あまり胸の大きくない女性に風当たりの強い時代があった。

そんな女性にそっと傘を差し伸べるのが『おっぱい紳士』なのである。

 

今でも「どうせ男は巨乳好きなんでしょ」と吐き捨てる女性がいる。

ここで、それは違うとどう説明してもなぜか聞く耳を持ってくれない女性が多い。

溜息をついて目が死んでいる。

 

(これは日ごろから冗談で「貧乳!」などとはやし立てる男どもの責任だ。だいたい「貧しい乳」だなんて名前も失礼である。「全力少女」とかどうだろう?

 

人は自分に足りないものに目が行きがちだし、否定的な他人の言葉をよく記憶に残してしまいがちである。

 

しかし 何事もそうだが「捨てる神あれば拾う神あり」というように、あなたの魅力に気づいている者もちゃんといる。

(大きな胸でしか興奮しない男も慎ましい胸でしか興奮しない男もいるのだ。そして僕は紳士。)

 

あなたはちゃんと魅力的であるのだから、胸を張って生きていってほしい。

 

fromおっぱい紳士

 

f:id:Rozio:20200828233839p:image

 

 

 

親が子にしてあげるべきこと

 

 僕たちはいつから生きることに理由が必要になったのか。

 

今、うちの子猫と遊んでてふと思った。

彼はただ生きている。

目の前のおもちゃを必死に追いかけて、腹が減ったらメシを食い、毛繕いして少し眠る。

 

家事を手伝ったりしてくれるわけでは決してないけど、彼は存在するだけで十分なのである。

 

しかし人はどうだろう。

この世に勝手に産み落とされた上に、年を重ねるごとに存在以上のことを求められる。

 

いい子にすること、

人に迷惑かけないこと

いい学校に通うこと

安定した職に就くこと

 

こうした価値観は親から子へ代々引き継がれてきたものじゃないか。

 

でも本来僕たち人間も生きているだけで十分な存在なはずだ。

 

ずっといい子にはできないし

人に迷惑はかける、

試験に失敗する人もいる、

仕事も安定はしない

(そもそも世の中に安定なんてあるのか)

 

人生は良いことも嫌なことも、いろんなことが押し寄せてくる。

 

だからこそ親になる人は、学校のテストの点数といった社会と同じものさしを通して子供を見ないでほしい。

自分が果たせなかったことを、子供に背負わせるようなことはしないでほしい。

 

ただ健康で生きているだけで十分なんだと、存在を認めてほしい。

 

それだけで人は自分を認められる。

 

テストの点数、出身校、営業成績、年収、容姿の良さ。

このようなもので得られる優越感は人を幸せにしない。

 

今このコロナの状況は、今までの考え方を考え直すきっかけになると思う。

 足るを知り、毎日の生活の中に納得感を持つこと。

そして自分を認めてあげること。

 

あなたの存在はきっと誰かを支えている。

f:id:Rozio:20200826225358j:plain



両親またまた喧嘩するの巻

14時から18時までの仕事が終わり、今日は実家で夕食を取った。

両親と三人での食事。

 

そんな中、些細なことで両親がヒートアップしまたまた険悪ムード。

お互い相手の話しを最後まで聞かないし、否定的な言葉ジェスチャーの応酬。

 

そりゃ喧嘩になるだろう。

黙って見ている僕に母が

「あんた達も一緒に暮らしていたらいろいろあるでしょう」

 

それに「まぁね」とだけ答えた。

いろいろあったけど、6年一緒にいてそんな喧嘩の仕方はしたことがない。

 

感情的になることを否定してはいない。

時に感情的になって相手を傷つけてしまうこともあると思う。

問題なのはずっとおんなじようなことで喧嘩を繰り返していること。

 

まだお互いへの理解、そして自己理解ができてないんじゃないか。。

相手が100%悪いという喧嘩はない。

 

父と母は個別で話すと話せる。

(自分と父、自分と母というように)

いい人だなと思う。

しかし二人揃うとなぜか上手くいかなくなる。

それに緊張して疲れている自分がいる。

 

もう二人の仲を良好にしておこうとする努力を僕がしようとは思ってないけど、体は無意識に緊張している。

(記憶は脳だけでなく、体全体の筋肉にも保存されるからね。PTSDもその例)

 

まぁとにかく、両親には健康でいてくれればそれでいいや。

どんな二人でいるかは、二人で決めてくれ。

僕は自分とパートナーを最優先に生きていく。

f:id:Rozio:20200824223416p:image

(躍動感にまみれた生き方するぜ!)

三年寝太郎から芥川龍之介のラブレター 

三年寝太郎の話しを読んでいて、少し気になった。

 

『三年寝太郎』

ある村に怠け者の男がいた。その男、飯は人の倍食うくせにあとは寝てばかり。村の人間は その男を「寝太郎」と呼んだ。

 

ある年、村はひどい干ばつに襲われ、畑や田んぼは干上がってしまった。

そんな状況の中でも寝太郎は食っちゃ寝の生活を続けていた。

ついに、村の長者はお触れを出す。

「この日照りと干ばつをどうにかしてくれる者がおれば、わしの娘を嫁にやろう」

 

 

ここです。

 

結末からいえば、このあと寝太郎は起きだして、村へ水を引いて娘をもらって幸せに暮らしたとさ、となる。

 

しかし娘の身になればたまったもんじゃない。

 

「たしかに日照り干ばつをどうにかしてくれるのは助かる。

だけど、それであたしの恋路を決められてしまうなんて。。。」

f:id:Rozio:20200731005603p:image

 

正直いうと、この三年寝太郎の話しを引用して別の教訓の文章を書こうと思っていたけど、娘の気持ちが気になりだして今に至る。

 

昔は女性の人権が軽んじられていた。

日本の女性が自由に結婚できるようになったのは戦後の話しで、それまでは自分の意志で結婚も離婚もできなかった。

 

そんな時代の中で生まれた、僕の好きなラブレターがある。

 

あの芥川龍之介が書いたラブレターだ。

一応、全文載せておく。

文ちゃん。

僕は、まだこの海岸で、本を読んだり原稿を書いたりして 暮らしてゐます。
何時頃 うちへかへるか それはまだ はっきりわかりません。
が、うちへ帰ってからは 文ちゃんに かう云う手紙を書く機会が
なくなると思ひますから 奮発して 一つ長いのを書きます 


ひるまは 仕事をしたり泳いだりしてゐるので、忘れてゐますが
夕方や夜は 東京がこひしくなります。
さうして 早く又 あのあかりの多い にぎやかな通りを歩きたいと思ひます。


しかし、東京がこひしくなると云ふのは、
東京の町がこひしくなるばかりではありません。
東京にゐる人もこひしくなるのです。
さう云う時に 僕は時々 文ちゃんの事を思ひ出します。

 

文ちゃんを貰ひたいと云ふ事を、僕が兄さんに話してから 何年になるでせう。
(こんな事を 文ちゃんにあげる手紙に書いていいものかどうか知りません)

貰ひたい理由は たった一つあるきりです。
さうして その理由は僕は 文ちゃんが好きだと云ふ事です。


勿論昔から 好きでした。今でも 好きです。その外に何も理由はありません。
僕は 世間の人のやうに結婚と云ふ事と 
いろいろな生活上の便宜と云ふ事とを一つにして考へる事の出来ない人間です。
ですから これだけの理由で 兄さんに 文ちゃんを頂けるなら頂きたいと云ひました。
さうして それは頂くとも頂かないとも 
文ちゃんの考へ一つで きまらなければならないと云ひました。

 

僕は 今でも 兄さんに話した時の通りな心もちでゐます。
世間では 僕の考へ方を 何と笑つてもかまひません。
世間の人間は いい加減な見合ひと いい加減な身元しらべとで 
造作なく結婚してゐます。僕には それが出来ません。
その出来ない点で 世間より僕の方が 余程高等だとうぬぼれてゐます。

 

兎に角 僕が文ちゃんを貰ふか貰はないかと云ふ事は
全く文ちゃん次第で きまる事なのです。
僕から云へば 勿論 承知して頂きたいのには違ひありません。
しかし 一分一厘でも 文ちゃんの考へを 無理に 脅かすやうな事があっては 
文ちゃん自身にも 文ちゃんのお母さまやお兄さんにも 僕がすまない事になります。
ですから 文ちゃんは 完く自由に 自分でどっちともきめなければいけません。
万一 後悔するやうな事があっては 大へんです。

 

僕のやってゐる商売は 今の日本で 一番金にならない商売です。
その上 僕自身も 碌に金はありません。
ですから 生活の程度から云へば 何時までたっても知れたものです。
それから 僕は からだも あたまもあまり上等に出来上がってゐません。
(あたまの方は それでも まだ少しは自信があります。)
うちには 父、母、叔母と、としよりが三人ゐます。それでよければ来て下さい。
僕には 文ちゃん自身の口から かざり気のない返事を聞きたいと思ってゐます。


繰返して書きますが、理由は一つしかありません。
僕は文ちゃんが好きです。それでよければ来て下さい。

 

この手紙は 人に見せても見せなくても 文ちゃんの自由です。
一の宮は もう秋らしくなりました。
木槿の葉がしぼみかかったり 弘法麦の穂がこげ茶色になったりしてゐるのを見ると
心細い気がします。


僕がここにゐる間に 書く暇と書く気とがあったら もう一度手紙を書いて下さい。
「暇と気とがあったら」です。書かなくってもかまひません。
が 書いて頂ければ 尚 うれしいだらうと思ひます。

 

これでやめます 皆さまによろしく

芥川龍之介

 

あの文豪も恋人の前ではただの男だったようで親近感を持つ。

なにより恋人の文さんの気持ちを尊重しているのが嬉しい。

 

「僕は文ちゃんが好きです。それでよければきてください」

 

この一文は素敵過ぎやしないか。

恋愛での結婚が難しい時代にこのストレートな表現にはマイッタ。

f:id:Rozio:20200731004605g:image

 (文さん以上に俺が落とされている感あり)

 

 

 

今僕らの生きてる時代は自由なはずだ。

でも自由に生きられない人間が大勢いる。

 

周りなんて関係なく好きなものには好きと言えているか。

 

シンプルなところに自由に生きるヒントが眠っているように思う。

 

 

つらいときは「つらい」と言うこと

 

小学生のころ、家庭崩壊していた友人がいた。

それでもその友人は周りに助けを求めなかった。

そのことについて最近、こんなことを彼は言っていた。

 

「あの頃は自分たちよりもっと辛い人たちがいる。

それに比べれば自分たちはまだいい方だ、我慢しなきゃって思っていた。

 

でもやっぱりあの頃はつらかった。。

つらいときはちゃんと『つらい』って言わなきゃね。

周りがどうであれ、本人がつらいと感じたなら、それはつらいことだから。」

 

 

20代ぼくは”うつ”を経験した。

それまで「つらい」と人に言ったことがなかった。

言ってはいけないことだと思っていた。

そして、いつの間にか「つらい」というのがどんなものなのかわからなくなった。

 

「お兄ちゃんだから我慢しなさい。」に始まり

「遠い国のつらい人たちのことを思えば僕らは恵まれてる」などなど。

我慢を強いられる場面が多くあったことも関係しているかもしれない。

 

そうしていつの間にか自分の感情に鈍感になってしまう。

心と体から出ているSOSにも気づくことができず苦しんでしまう。

 

だから、つらいときには『つらい』と言おう。

人によって感じ方は様々だし、どんな人間もいつだって強くはいられない。

 

仕事が多くてつらい

上司のあの何気ない言葉に傷ついている

責任感に溺れそう

 

あなたがつらいと感じているなら、素直に認めてあげて、伝えること。

 

最終的にあなたを守ってあげられるのはあなたしかいない。

 

f:id:Rozio:20200729210018j:image

勝手なシナリオを思い描くことは生きづらい

僕の親友がひどくふさぎ込んでいた。

気分が鬱々とし、夜は眠れないという。

会社でいろいろあり、退職まで追い込まれていた。

 

正確にいうと退職に追い込んでいたのは彼自身だった。

自分はもう不要な人間だと言って、自分で辞める以外の道を閉ざしていた。

 

しかし実際は違った。

会社は彼を必要としており、彼に好都合の条件を提示した。

 

希望を失っていた彼はその提示に驚いていた。

 

 

時々ぼくも彼のように

自身の負の感情の渦に飲み込まれそうになることがある。

 

嫌なことや不安なことのイメージを勝手に頭の中で膨らませてしまう。

そして実際には起こってないことまで勝手に想像して落ち込んでしまう。

 

夫婦喧嘩のきっかけもよく聞けば

「夫のあの行動は、嫌がらせに違いない」などと、歪められたイメージであることが少なくない。

 

 

高校のころ、ネガティブ思考を勧める友人にその理由を聞くと

「物事をネガティブにみれば、すべてプラスに見える」という。

 

でもこの考えで人の優しさを素直に受けとれるのか。

この友人は、頭の中でずっとネガティブなリハーサルを行っている。

そうして鍛えられたネガティブ思考は先ほどの夫婦喧嘩の時のように

「あれは嫌がらせに違いない」

と物事を解釈してしまうのではないか。

 

実際に起きていないことにあれこれ悩むのはエネルギーを消耗する。

生きているのは今この時間だけなのに、そこへエネルギーを使うのはもったいない。

 

f:id:Rozio:20200728165227p:image

 

実際に起こっていることと頭の中だけで起きていること。

そこの境界線をはっきりさせよう。

それをするだけでも、ずいぶん生き易くなる。